旧借地方法と新借地法

土地を借りることのできる権利として存在するのが借地権です。これは建物を建てる際に絡んでくる権利で、土地の所有者に建物を建てることを許可してもらう権利、つまり土地を借りる権利のことを指します。土地を持っている人の権利と、土地を借りている人の権利が別々にあることは非常に複雑ですが、両者間の決まりを作っているものが借地法です。

実はこの借地法もまた複雑で、平成4年に内容が改正されました。

そのため、現在は旧借地法と新借地法の2つが存在することになります。新借地法ではいくつか内容が足されていますが、土地を借りてから一定期間が経つと契約更新ができなくなる定期借地権が生まれたのは大きな変化です。

これは土地所有者に土地が一生返ってこなくなる事態を防ぐものですが、平成4年前に土地を借りていた方にとっては大問題です。

新借地法ができたことで突然家から追い出されるという事態もありえたため、旧借地法で土地を借りた方はそのまま旧借地法が適用されています。このように2つの借地法が存在していると、土地を借りる際は注意が必要です。

例えば土地を相続する場合は、どちらの借地法が適用されているのか確認しておくと後々楽でしょう。

2つの法が入り混じっているのは少し面倒ですが、トラブルを避ける意味では適切です。土地を借りる際は十分に注意してください。

(借地権とは)