借地権が招くトラブル

借地権は土地を借りてそこに建物を建てることのできる権利ですが、この借地権をめぐってさまざまなトラブルが相次いでいます。

土地の所有者とそこに建てられた住宅を使う人が異なるため、双方の思いがうまく合致しないことがトラブルの主な原因です。では、具体的にはどのような事例があるか見ていきましょう。

よくあるトラブルでは、借地権を持つ側が地代に納得できず、土地所有者側と仲良くできないという問題が挙げられます。これは、あくまでその土地は貸しているだけのもので土地自体は自分のものという意識が強い土地所有者側と、自分の家なのにどうして他人の承諾を得なければならないのかと考える借地権を持つ側が、自己の意見を曲げずに衝突してしまうからです。

また、借地権の売却、譲渡をめぐるトラブルも多く、借地権を譲渡したくても土地所有者が認めてくれないケースが実際にあります。

このように両者の主張が通らず、両者間の関係が悪化するようであれば、当事者だけではなく第三者の介入を考えてみてもいいのではないでしょうか。借地権に関するトラブルを解決してくれる会社は、双方の間に入って関係を取り持ってくれるのでどちらも納得のいく答えが出せます。

もし、借地権トラブルが発生しどうしようもなくなったときは、そのような会社に相談するのも一つの手でしょう。

(借地権とは)