借地権を相続するには

自分の両親が亡くなったとき、あらゆるものを相続することになるかと思いますが、実は借地権も相続することが可能です。借地権について被相続人が遺言書などで言及していれば少し手続きが楽になりますが、いずれにせよ自分の家に借地権があった場合は相続のためにきちんと手続きを踏まなければなりません。

被相続人が遺言書で相続人について言及している場合、その遺言書で建物の所有権移転登記手続きを行うことができます。この手続きで相続は完了するため、土地所有者と直接行う手続きはありません。登記場所は原則法務局ですが、オンライン上で登記することできるため、自分のライフスタイルやそのときの状況などに合わせて行いましょう。

一方、遺言書で借地権の相続人について言及していない場合は、まず誰が相続人となるかを決定し、その上で遺産分割協議書を作成しましょう。作り方を調べてみると詳しい書き方が出てきますが、必ず相続人全員の署名と実印が必要です。

そして抜けがないように確認したら、遺産分割協議書と相続人全員の印鑑証明書を持って法務局へ行きましょう。協議書と印鑑証明書を提出の上で登記を済ましたら、これで手続きが完了となります。借地権契約書の名義変更は行わなくても良いので、ひとまず上記のような相続は確実に行っておきましょう。

(借地権とは)